SENTOM艇

コンセプト:シーカヤック「日和(ひより)」について

  • 大き過ぎず、小さ過ぎず(保管や車への積載がしやすく、目的や乗る人の体格性別をなるべく選ばない範囲で)
  • 重過ぎず、軽過ぎず(安全や艇体の寿命を確保できる強度を保ちつつ、持ち運びが楽なように)
  • 直進性能も有り過ぎず、回りやす過ぎず(長いツーリングでは十分な速度でいて、波の中やロックガーデン・危険回避時には俊敏な回転性能が有ること)
  • 安定性が有り過ぎず、少なすぎず(波の中で船が揺れ過ぎて困る事の無いよう、かつ誰でもリラックスして安心して乗れる程度に)
  • 標準艇からグラス繊維とエポキシ樹脂を使い、高い安全性と耐久性を追求。(エポキシケーブラーカーボン繊維を使った軽量モデル有)

シーカヤックは、何より高い次元のバランスが大事だと思います。
そんなバランスの良い船が、飽きの来ない長い付き合いの出来る愛艇になると思います。
カヤックのみならず、ヨットでもボートでも良い船は長く愛されるものです。
日和の原型、モデルシップはもう20年近く前に私の設計したスクール&ショートツアー用の船(ザサ)で、もう数百艇出ていますが、どれもいまだ現役で使われています。
今回、ツーリングシーカヤック(日和)を造るに当たり、ザサよりやや長く、荷室を広く、コクピットも大きく、材質もポリエステルからビニルエステルにするなど多くを見直しました。
しかし、有る意味原型の良いところは損なわないように十分配慮して仕上げました。
結果的には、かなり速い速度での快適ツーリング性能と対波浪性能、釣りなどのレジャー性能など様々なシーカヤックシーンで広く長く満足できる艇に仕上がりました。
乗れば乗るほど、使えば使うほど、上達すればするほど愛着の湧く船だと確信しています。

工房船渡夢 代表 豊島廣通

日和 SALTWATER FISHING KAYAK PRODUCT BY SENTOM
Page Top